保育士が悩む人間関係はどう解決する?|保育士求人サンライズ

保育士求人サンライズ

東京・神奈川・千葉県の保育士の求人・派遣・
転職のお仕事探しなら

menu
お電話でのお問い合わせはこちら 050- 5804- 0244 050- 5804- 0244 【受付時間】9:00-22:00
お役立ち情報 お役立ち情報

お役立ち情報

保育士が悩む人間関係はどう解決する?

 

保育士の悩みで最も多いのが人間関係です。保育士同士、園長・施設長との関わり、保護者、園児…。その内容も実にさまざまです。

ここでは、保育の人間関係に注目してみていきましょう。

保育士の人間関係問題はさまざまなシーンで起こりえます。特に女性が多い世界ですから、その悩みも尽きません。

人間関係で気になることがあったら、次の点に注意して必要以上に気にしないようにしましょう。

何が原因で人間関係がスムーズでないのかを知る

もし、あなたが他の保育士やスタッフから悪口を言われていると感じたら、なぜ言われているのかを探ってみることが大切。
悪口を言われたからと言って、言い返してしまうのはNG。いつの間にかお互いにヒートアップしてしまい、何が原因だったのか分からなくなってしまうことも。原因は思ったよりも小さいものだったという場合もあります。
悪口を言われたという事実を気にして落ち込んでしまうと疑心暗鬼に陥ってしまい、どんどん問題が大きくなってしまうことも。

相手から何かされても自分からはしない

人間関係に悩んでしまうとどうにか解決できないかと執着してしまいがちですよね。
あまりしつこくしてしまうと相手はあなたのことを余計に避けたり、疎ましく思ってしまったりと悪循環です。

万が一、あなたが人間関係に躓いたときは、無理に相手に取り入ったりせずに距離を置くようにしましょう。距離をおくことで、気持ちに余裕が生まれるでしょう。また、相手がグループだった場合、一定の距離を置くことでターゲットから外れやすくなります。

人間関係をこじらせないために

子どもたちの前で大人の人間関係のこじれを出してはいけません。
悪口を言った相手もそもそも悪気はないということがほとんど。自分が正しいと感じていることが多いものです。
もしもあなたが相手から悪口を言われ、イヤな思いをしたとしても根に持たないようにしましょう。もちろん悪質なことをされても我慢をしなければいけないということではありません。いわれたことやされたことを根に持つのではなく、相手にしないようにしましょう。無理やりに仲良くする必要はないということです。
相手に無理に好かれようとしても疲れてしまったり、気持ちがすり減ってしまったりと悪循環に陥ることも。
友人や恋人、家族と楽しい時間を過ごしたり、自分の好きなことをしたり、心穏やかに過ごすように心掛けましょう。