男性の育児は珍しい?誘拐犯に間違えられた犬山紙子さんの夫|保育士求人サンライズ

保育士求人サンライズ

東京・神奈川・千葉県の保育士の求人・派遣・
転職のお仕事探しなら

menu
お電話でのお問い合わせはこちら 050- 5804- 0244 050- 5804- 0244 【受付時間】9:00-22:00
お役立ち情報 お役立ち情報

お役立ち情報

男性の育児は珍しい?誘拐犯に間違えられた犬山紙子さんの夫

2歳の女の子を育てる犬山紙子さん・劔樹人さん夫妻。犬山さんはエッセイスト、劒さんは漫画家とミュージシャンとして活動しています。
普段から積極的に育児に関わっているという劔さん。しかし、誘拐犯に間違えられ通報された経験があるとのことです。
その背景にはまだまだ男性が育児をするのが珍しい背景が浮かび上がってきます。

 

ぐずる娘に手こずる父親→もしかして誘拐では?

 

今年の夏、2歳の長女と2人で新幹線に乗っていた時のこと、乗って少ししたら、長女がぐずり始めたそうです。近くの席の男性に嫌味を言われたこともあり、デッキに避難しました。そこでもなかなか泣き止まなかったそうです。
そうしたら次の駅でなんと警察官が数人乗ってきたとのこと。どうも、誘拐犯と間違えられたとのことでした。
「なかなか泣き止まない小さな子ども」と「個性的な風貌の男性」このセットを見た人が、もしかして誘拐ではと思ったらしいのです。

 

え?自分の子どもですが何か・・・?

 

もちろん新幹線は発車時刻が遅れてしまいました。さらに出発した車内で色々と聞かれ、身分証明書や保険証を提示させられ、最終的には妻である犬山さんに電話をかけ、説明してもらったとのこと。
劒さんは男性が小さな子どもを連れている状況が珍しいから疑われたのでは、と感じたそうです。

 

母親と子どもなら通報されないのに

 

これが、母親と子どもなら通報されないでしょう。なぜ父親と子どもが通報されたのか、これは、まだまだ父親が育児に関わることが少ないことの表れかもしれません。
父親が幼い子供を連れて新幹線に乗ることが珍しいことだから、怪しまれたのかもしれません。
世の中まだまだ育児は母親がするものという暗黙の常識が根強くのこっているからかもしれません。

 

SNSに上げたらかなりの反響が

 

何気なくSNSに上げた妻の犬山さん。しかし反響があまりにも大きく驚いたとのことです。
男性が小さな子を連れているということは世間から厳しい目で見られているのでしょう。プレッシャーを感じながら育児をしていかなくてはならないのでは、と感じたそうです。

 

怪しまれないようにお揃いの服を着ている、との声も

 

同世代の父親は、同じような視線に敏感になった経験があるのでしょうか。お揃いの服や帽子、大きめのキーホルダーをつけたりして、怪しまれないようにしているとのリプライもあったそうです。参考になる意見ですね。
これから平日昼間に子連れの父親を見ても、好奇の目で見ないような社会になってほしいものです。

 

 

2019年10月19日(土)朝日新聞朝刊より

無料登録はこちら 求職者様ログイン

最新記事