コロナの影響?保育園への申し込み者が減った2021年|保育士求人サンライズ

保育士求人サンライズ

東京・神奈川・千葉県の保育士の求人・派遣・
転職のお仕事探しなら

menu
お電話でのお問い合わせはこちら 050- 5804- 0244 050- 5804- 0244 【受付時間】9:00-22:00
お役立ち情報 お役立ち情報

お役立ち情報

コロナの影響?保育園への申し込み者が減った2021年

2021年4月からの認可保育園の入園について、今まで申し込み者の増加が続いてきた首都圏でも前年より減るケースが目立っているとのことです。

 

▼新型コロナウイルスの影響か

 

東京23区の申し込み者数は61,555人。前年よりも8%(5356人)減りました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、利用控えや雇用の悪化などが影響しているとみられます。
ただ、4人に1人が落選する状況は大きく変わってはいません。

認可保育園は、保護者が前年の秋ごろに市町村を通じて申し込みを行います。市町村は調整をして1~2月の1次選考で大半が決まります。そして4月に向けて調整を行います。

東京都23区では中野区以外は前年を下回りました。また、名古屋市を除く政令指定都市の合計でも前年より5%(5836人)減り122,494人となりました。

 

▼少子化が進んでも共働きは増加していたのに・・・

 

近年少子化は加速していますが、共働き家庭は増加しているため、保育園の申込者数は年々増加していました。
厚生労働省のまとめでは、保育園を利用する子どもの割合は2012年は34.2%だったのに対し、2020年は47.7%にまで上昇しています。

46の自治体が保育園の申し込み者が減少した理由を答えていますが、最も多いのは「新型コロナウイルスの影響」で約23の自治体が回答。その他にも、求職活動中の保護者が減ったこと、感染リスクを考慮した申請控えなどが挙がりました。

 

▼依然厳しい「保活」

 

保育園の申し込み者は減りましたが、依然保活は厳しい状況が続き、保育園への入りやすさは大きく改善していません。
内定者数を回答した55の自治体について、申し込み者に占める落選者の割合を落選率として計算したところ、平均は23.2%でした。これは、4~5人申し込んだら1人が落選する確率です。
前年は26.7%。3~4人に1人が落選する確率で、わずかに減った程度です。依然48,265人が落選していました。

 

▼依然、大都市圏や出生率が高い地域が激戦区

落選率トップ5

①沖縄県八重瀬町:41.9%
②東京都港区:39.7%
③兵庫県尼崎市:39.6%
④東京都小平市:35.8%
⑤兵庫県西宮市:35.1%

 

2021年3月24日(木)朝日新聞朝刊より出典

無料登録はこちら 求職者様ログイン

最新記事